派遣運転手の仕事をするメリットってあるの?

派遣運転手の仕事について

派遣運転手は派遣ドライバーとも呼ばれる仕事で、依頼があったときに指定の車を運転する運転手のことをいいます。一般的な派遣社員と同じで、派遣会社と契約し、派遣先が決まれば派遣先の場所で仕事をする職業です。プロの運転手や専属ドライバーなどに比べると給料面では劣ることもありますが、派遣運転手ならではのメリットも数多く存在します。

派遣運転手をするメリット

派遣運転手になるメリットの一つが、自分の好きな車種の運転を希望することができるというころです。すべての派遣会社で希望できるというわけではありませんが、運転手の派遣会社では就職する際に運転したい車種を希望することができます。普段乗るような軽自動車だけでなく、さまざまな車種を希望することができるので、自動車好きの方は好きな車に乗りながら仕事ができて続けやすいといえるでしょう。また、車種と同時に勤務したい時間帯や勤務地についても希望できます。働きやすい環境を自分で作っていけるというのは、派遣運転手ならではのメリットです。

派遣運転手というと仕事が少ないイメージを持つ方がいるかもしれませんが、実は与えられる仕事量が一定数あるのも派遣運転手の特長。普通自動車の免許しか取得していない場合は仕事が少ないこともある一方、トラックなど大型の車両を運転する免許を取得できていれば、多くの仕事が舞い込んでくるでしょう。派遣という仕事方法で困るのは、派遣先が見つからないことですよね。需要が高い職業であることから、仕事に困ることがあまりないのは、派遣運転手の大きなメリットの一つです。

運転手の派遣は、物流・バス・介護ドライバーなどがあり、普通自動車2種が無くても応募できる仕事もあります。