ネット通販を支えるEC物流の基礎知識を紹介

契約料金を支払うことで代わりに流通してもらえる

コロナウイルスの影響も大きいのですが、若い世代を中心にネット通販での買い物の需要が増えています。そんなネット通販を支えているのが、企業の規模問わずに利用しているEC物流です。EC物流というのは、大規模な流通網を持っている企業に契約料金を支払って契約し、自社の商品を卸すことでネットのホームページで注文が入ったら流通網を持つ企業が顧客に商品を送ってもらえる仕組みのことです。ネット通販のメリットは、販売網を持たない土地であっても商品を届けられることで利益アップが見込めます。

ただ顧客情報を管理する仕組みを整えないといけないのと、仮に商売がうまくいって大量発注を受けた際にもその注文内容を適切に処理しないといけないです。そのためネット通販には負担になることが多く、特に顧客情報の管理を失敗するとお店の信頼を一気に失わせてしまいます。そこで商売が軌道に乗り発注数が多くなってきた段階で、このEC物流と契約することで発注の負担をなくせることにより商品開発に注力することができるのです。良い商品と相手に届ける流通網を作ることができれば、顧客との信頼関係が築けることでリピーターを生み出せます。

利用する際には商品の発注数によって選ぼう

EC物流を実際に利用するのであれば、商品の発注数によって選ぶことが大事です。大手通販企業に依頼するのも手ですが、当然ながら契約料金は高くなります。そのため発注数が多くないのに、見切り発車で契約料金の高い大手通販企業と提携をしてしまうと利益につながらないです。そのため最初は販売網が狭くても契約料金が安くてしっかりと販売範囲に商品を届けられる企業を選び、そこから発注数が増えて利益が上げられる段階で大手に切り替えます。

EC物流を効果的に効率化するには、出荷されるまでのバックヤード業務を、できるだけアウトソースすることです。