フランチャイズの活用方法!フランチャイズがいい理由!

色々な面で相談できる

フランチャイズは本部から事業について研修を受けたり、説明をしてもらえます。そのため、事業が初心者の人でも始めるときのハードルが下がるという特徴があるのです。しかし、事業を始めると資金繰り、経営方法、販売方法など色々な面で悩むことも少なくありません。そんなときにフランチャイズなら本部が相談に乗ってくれることが多いです。本部にはマニュアルがあるので、資金繰りならここに相談した方がいいなどの解決方法を示してくれることも少なくありません。特に、他のオーナーが悩むポイントであれば、乗り越え方を教えてくれるでしょう。

ビジネスモデルが出来上がっている

フランチャイズではビジネスモデルが出来上がっているため、その方法に乗ることができます。例えばコンビニのようにお店の内装から商品の陳列まで決まっているというビジネスモデルもあります。それであれば成功するための方法を模索する必要がありません。壁にぶつかって方向修正をするなどの試行錯誤をする時間が短縮できます。成功できる例があるので、同じ方にすることで成功できる確率が高くなるのです。

試算ができるので事業計画が立てやすい

フランチャイズは売り上げや支払いの見込みが立てやすいです。そのため、事業計画を具体的に書くことができます。資金の融資を受けるときなどは具体的な事業計画が役に立ちます。返済計画も具体的に示せるので、融資担当者からの反応はいいです。また、自分がどれくらい頑張れば収入が安定するかの目安も分かりやすいです。具体的な日数が分かるので、そこまで頑張ろうという気持ちを持てます。

代理店はフランチャイズとしばしば混同されがちですが、ロイヤリティを支払う義務が生じているかどうかに焦点を当てれば、区別しやすくなります。