倉庫業とはどういったものか?入庫作業と出庫作業

入庫作業はトラックが来るたびに対応必須

平べったくて非常に大きな倉庫を外側から見たことのある人は多いでしょう。トラックが横付けしやすくなっており、大量の荷物が運び込まれています。ああいった倉庫では、荷物の管理を行っており、多数の人員が働いています。作業内容は入庫と出庫、そして管理ですが、それに付随する作業がたくさんあるので、それだけでかなりの時間を使います。まず入庫作業は、宅配やチャーターでトラックが荷物を届けます。いつも決まっている便からの入庫が多いですが、急に届く荷物の場合もあり、トラックが来た以上対応しなければならないので、常に割り込み作業のある業務と言えます。荷物の大きさや重さによってはフォークリフトでの対応となるため、逐一発生する大きな作業と言えるでしょう。

出庫作業は一日一回行う場合が多い

逆に出庫作業は一日に一回、決められた時間に行うことが多く、夕方に一回運送会社が取りに来る形態が多くなっています。倉庫業は運送業ではないので、契約した運送業者が荷物を取りに来るまでに、発送する荷物の準備を済ませておくのです。これらの作業は例えば通販の荷物ならその日までに必ず出荷しなければならないため、時間に追われる作業となります。入庫のトラックが来たら対応しなければならない中で、出庫用の荷物は時間までに必ず用意しなければなりません。どちらも運送業者を待たせてはいけないので時間との勝負になります。入荷が少なかったり注文が少なかったりと、それほど忙しくない時は楽な反面、忙しい時は常に時間に追われることになるのが倉庫業です。

拠点の立地や運送の回数を見直したりテクノロジーの活用をしたりすることで、物流の効率化を図ることができます。