芸能人のプライバシーを公開した場合法的責任を負うことがある!

施設関係者は従業員の教育が大切!

芸能人の動向は多くの人が持つので一般人が、芸能人がどこにいたなどを投稿してとしても、違法行為にならないことも珍しくありません。ただしこれが、施設関係者が投稿した場合は違法行為になる確率が上がってしまいます。理由としては一般的には従業員はお客のことを第一に考えて行動するはずだと言う、信頼が根拠になるでしょう。

特に、一般的には知られたくない様な既婚者なのに結婚相手とホテルに入って行ったなど、隠したい様が問題となります。よく、雑誌などでそういった情報がありますが、それは出版社が行っています。出版社だとしても、法益侵害している可能性はあります。従業員が自分も同じように行っても、法的には問題とならないと考えない方がいいかもしれません。

従業員の管理責任を問われることもある!

企業は、従業員を管理する義務があると言えます。従業員が行ったプライバシーの侵害行為を、防ぐ義務を果たさなかったことにより、法的責任を負うことも考えられます。その場合に、解決金や賠償金として相手に多額のお金を払うことにもなりかねます。実際に、芸能人の情報を従業員がインターネットにて公開して炎上している事実があります。

炎上してしまうと、自社の名前までインターネット上で公開されてしまうことがあるでしょう。そうなると、会社の信用が著しく落ちてしまうことあります。そうならないために、個人情報の取り扱いなどをきちんと決めておいた方がいいです。法律を知らなかったという言い逃れは、もちろんできません。弁護士などがこの様な問題に精通しています。法人の顧問契約なども、昔よりは安くなったと言えます。なんらかの形で、専門家に依頼することをおすすめします。

機密文書を安全に廃棄するためには専門の処理業者を利用するのが良いですが、業者を選ぶ際にはプライバシーマークやISO27001などを取得しているかに注意して選ぶと良いでしょう。